2010年より設計・監理をしていた愛知教会が先月の末竣工し無事引き渡しをすることができました。

南側の既存部分も外壁塗装のやり替えを行い、新しい礼拝堂とともに調和した教会となりました。

西側は緑の大屋根とクロスにより落ち着いた景観を作り出しています。

内部は木造のトラスと漆喰などの自然素材をふんだんに使い、温かみのある空間を実現しました。

教会の皆さんや、建設した小原建設、多くの方の協力があってこの場所に立ちました。ありがとうございました。建物は建って終わりではなくこれから手をかけ成長してゆきます。ここからがスタートラインだと思い見守ってゆきたいと思います。

(画像は吉澤牧師様からご提供いただきましたありがとうございます。)