3月15日にあおぞら保育園の完了検査を受けました。

まだまだ、外構などは工事中ですが、3月25日には、竣工式とお披露目会となるので、工事も最終段階です。

手前に見える屋外階段には、丸い穴を開けて、こどもたちがのぞけるようになっています。

2階には、広いウッドデッキ。

保育園からの希望で、自然素材をたくさん取り入れてほしいということもあり、フローリングはもちろんのこと、保育室の壁はできる限り木を使い、また木製の建具やテラスの軒裏にも木ルーバーを設け、こどもに優しい建物となるように設計しました。

工事を行った加納工務店にも、こどもに優しい建物ということで、保育士や設計者からの細かい意見を聞き、臨機応変に対応していただきました。

新しい保育園で、こどもたちが走り回っていっぱい遊んでくれることを期待しています。竣工が楽しみです。