先日椙山女学園大学の卒業設計講評会に参加させていただきました。今年も力作ぞろいで学生の皆さんの熱量に圧倒され、新鮮な刺激を受けてきました。今年は自分の思いを徹底的にやり抜いた作品が最終的に評価されたように感じます。学生には卒業設計はとにかくやりつくしてほしいと言っているので、そうやってできた作品は学生の皆さんのこれからの財産になり、これから先の進路でもきっと指針になってくれるのではないかと期待したいです。