椙山女学園大学 生活環境デザイン学科の卒業設計講評会に審査委員として参加してきました。
全ての作品が卒業設計にふさわしく非常に完成度が高いと感じました。
身近な事をテーマにした作品が多い中で、昨今の社会的な問題をテーマにした作品が最終に選ばれ評価されたように感じます。
選ばれた作品は敷地分析に始まり、プログラムなどを検討しながらしっかり敷地に定着した点が評価できました。
一方でもう少し踏み込んで、設定した問題に対して大胆な解答を作りこめるとより問題が表面化してよかったと思います。
なんだか最後に普通の建築的なボキャブラリーにまとめてようとした印象がおしかったという感想です。

しかし、こうして頑張っている姿を見ると私も建築にもっと真摯に向かいあわねばと言われている気がします。
大変有意義な時間を過ごすことができました。