松阪市の新健康センターの現場です。現場は本体工事のほうが完成し、各種検査を受検しているところです。
さまざまな課題をみんなでひとつひとつ乗り越えながらようやくここまで来ました。
完成した室内は検討通り木が感じられ、光が差し込む空間になりました。
工事のほうは外構や家具などこれから2期工事のほうに移って行きます。
4月のオープンに向けまだまだ気が抜けません。
KIMG1509外部は大きな窓と、軒の木がアクセントになっています。

KIMG1521室内は松阪産の杉を貼っています。あえて節のある材料を使い素朴さを出すようにしています。

KIMG1530ラウンジです。中庭から光が入ります。床は松阪産杉の圧密フローリングです。

KIMG15391階ホールから見上げる吹き抜けの様子です。階段の位置をずらしいろいろな人の動きが見えるデザインです。

KIMG15493階ホールから見える風景はさえぎるものが無く遠くの山が良く見えます。