名古屋市の本山駅近くの東山通マンションの現場です。
今月末の引渡しに向け共用部の仕上げが完成しつつあります。
共用部は全体的に木調の仕上げにして落ち着いた雰囲気を持たせるようにしました。
特に住戸の玄関周りは扉も含め木彫パネルを用い、戸建て住宅のような佇まいをもたせています。
エントランスは木や石、打放しといった自然素材を主に採用し
素材そのものの持つ雰囲気を大切にした空間としています。
室内は1K、単身者向きのレイアウトですが、ゆったりとした天井高さや
木目調の建具などで建物全体と調和するデザインとしました。

最後のフィニッシュに向け工務店と毎日緊張しながら取り組んでいます。

imgp3846

南側立面です。

imgp3837

北側は白で統一させました。

imgp3855

エントランスの様子です。

imgp3871

住戸の玄関

imgp3858

玄関から室内を見ています。

imgp3859

南側に面する住戸は光が良く入ります。

imgp3867

最上階の眺め