松阪市の新健康センターの現場です。
地下躯体の工事が完了し、7月中ごろから鉄骨の建方が始まりました。
コンクリート造と違い、鉄骨は外壁ができていなくても骨組みが組みあがると
ボリュームがわかります。 敷地全体を使った今回の計画はとても迫力があります。
盆前には鉄骨が組み終わり、全体像が見えてきます。

160727_001