三重大学レーモンドホールを訪ねた
桜がすっかり散って、新緑の中にたたずむ木造のホール
シンプルな丸太の構造体が力強い

IMG_4850 IMG_4851 IMG_4859

設計者のアントニン・レーモンドは日本におけるモダニズム建築の先駆者である
南山大学の総合計画も作成した。

レーモンドホールは1951年に図書館として建設された
2002年、国登録有形文化財の登録が行われ
2013年耐震改修と活用のための改修が行われた