001

改修のプロジェクトでカタールのドーハに行ってきました。

カタールは、私たち日本人にとってサッカーの「ドーハの悲劇」でなじみがある国で、

国土は秋田県と同じぐらいの大きさ、国土の大半が荒野です。

8月のこの時期は一年でもっとも気温が高く、40度を超える気温になり、湿度も高く、

日中屋外に30分もいると、どうにかなってしまいそうな環境です。

反対に室内はどの施設も全館空調が当たり前で、キンキンに冷やされています。

 

002

遠くの蜃気楼の様に見える高層ビル群は、新しく建設されつつあるオフィス街です。

フランスの建築家ジャンヌーベルのデザインしたビルも見えます。

003

ラマダーンのため夕食は6時30以降、日中街中では昼食をとることができません。

夜も日中よりは気温が下がるとはいえ、30度を超えやっぱり歩き回るのは厳しいものがあります。

そんななか、立ち寄ったモスク、照明がかわいらしくとても好感のもてる建物でした。

 

砂漠の中の刺すような日差し

モスクから時折聞こえるアザーン(モスクから流れる礼拝への呼びかけの声)

マトンの味、初めての中東で異なる文化の空気を感じることができました。